『仕事消滅』(講談社)を読んでみた。

いつの頃からだろう。家にいるとき、簡単な計算やタイマーの設定はiPhoneのSiriに頼むようになった。電卓をたたくよりも、目覚ましのタイマーの設定をするよりも、Siriに話しかけて依頼するほうが楽だからだ。私の声は聞き取りにくいとよく言われるが、そんな私の声でささやいても十分な精度で認識してくれる。最近ではMicrosoft音声認識が人間と同等の認識率になったとの話も聞く。 

IBMのWatoson、AmazonのAlexa、GoogleGoogle Now、MicrosoftのCortana、これらのバーチャルアシスタント(AI)とよばれるものが、スマホや家電に搭載され非常に身近になりつつある。人間と違い、スマホや家電に限らずありとあらゆる乗り物・機械に搭載可能なわけでその影響力は計り知れない。

『仕事消滅 AI時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(講談社)では、AIによるイノベーションが多くの職場から仕事を奪い、大きな政治・経済・社会問題になるであろう未来を予想している。単純労働だけでなく頭脳労働もAIにとってかわられ、人間はなにもやることがなくなる。いままでと同じものが生産でき、人間は何もやらなくてよければまさにユートピアだがそうはならないという。

ある日突然すべての労働がAIで置き換えられたとする。その場合、ユートピアは誕生するだろう。人間は働かずとも機械が変わりに働いてくれる。人間は人生を楽しむことに注力することができる。が、実際には突然すべての仕事が置き換わることはない。数十年という期間で少しづつ少しづつ変わっていく。その置き換わっている間、運悪くAIにとってかわられた人たちは失業者またはより賃金の安い仕事に就くという状態で過ごすことになる。数十年という期間は人の一生の長さでみると長い時間だ。ユートピアが達成されるまで、その期間を気長に待てる人たちはどれくらいいるだろうか。失業をした人たちは怒り、AIの排斥運動や労働運動の活発化など政治的な混乱が生じるだろう。

現状、AIを開発で存在感を示しているのはIBMAmazonGoogleMicrosoftなどすべて米国企業だ。人間の代わりにAIが働く世界がくるとする。そのときAIが生み出した冨はどこにいくのだろうか。それらの企業ではないか。結局、AIが人間の代行をするようになったとしても、一部の技術的な優位に立つ企業や国に一方的に冨が集中するだけであり、適切に富を分配する仕組みがなければ、その他の人たちは今よりも貧困にあえぐのではないのか。そして働けない人たちが大量に発生する世の中において、適切な富の分配を行うということは資本主義経済がもっとも苦手とするところではないだろうか。このままいくとAI関連の技術を握った一部の大金持ちとその他の貧しい人たちといった構図があらゆる国で発生するのではないか。

機械がすべてを代行してくれる社会。まさに理想郷だろう。人間は生活のために働く必要はなく、毎日を楽しく生きることに集中できる。一見、素晴らしくみえる。が、そうだろうか。何のために生きてるのかとか、ぐじぐじと余計な事を考えて悩む人が増えるのではないだろうか。生活の心配をせず毎日何でもしてもいいというのは究極の自由といえるが、そのような状態がすべての人にとって幸せなのかどうかはわからない。より精神的なものに傾倒するようになり、カルト宗教にはまったり自殺をする人が増えたりするのではないだろうか。

今後AIによる自動化や自律化はどんどん進むだろう。本の中ではAIやロボットに対する課税やベーシックインカムの導入などを通して、テクノロジーと人間社会の均衡を保つ解決策も提示している。競争をベースとした社会の仕組みや人間の欲深さを考えるとなんとなく悪い方向に向かいつつあるような気もする。イーロン・マスクがAIに対する強い懸念を発表し話題になった。

www.technologyreview.jp

技術自体に善も悪もないと思う。思うが、利用する側の使い方しだいで人間を不幸にも幸福にもする物だと思う。AI開発の最先端の研究は軍事目的とも聞く。今後、AIは人を幸福にする用途で使われてほしい。

『岳』、『BLUE GIANT』を読んでみた

漫画を読むのが好きだ。以前は、会社の帰りや週末によく漫画喫茶に通っていた。ジュースやお菓子などは食べず、小一時間程ひたすら漫画を読む。本棚に並んでいる本をみながらどの本を読もうか考えるのが好きだった。自分なりのストレス解消法だったのだろう。今は、スマホ電子書籍を買って読んでいる。漫画喫茶にいくよりお金はかかるが場所を拘束されない。信号待ちやレジ待ちなど日常生活のちょっとした空き時間に少しづつ読みすすめられる。

BLUE GIANT』を読んでみた。正直、ジャズには興味がなく、あまり乗り気ではなかった。が、いつも面白い本を紹介してくれる知人がすすめていたので読んでみた。面白かった。なにかを好きになり、人生を賭けてとことんこだわる。そうしたことが幸せな生き方の一つの形なのだろうと感じさせてくる漫画だった。何かを好きになることは簡単だ。だがそれをとことんつきつめるのはむずかしい。日々の生活もあるし、家族など自分だけの問題ですまないこともある。そうしたしがらみを振り切ることは勇気がいるし並大抵のことではない。『BLUE GIANT』の主人公 大はサックスが好きで一日中ずっと吹いている。サックスを極めて自分の音を多くの人に聞いてもらいたいというのがその原動力だ。ただそのためだけに愚直に精進する。いやなことやうまくいかないこともあるがあきらめない。そこには打算はない。あるのは情熱だけだ。

中年期にさしかかってくると、人生は打算でしかなくなる。お金の計算とリスクを回避することが習性として身につく。何かやりたいことがあっても、お金とリスクを天秤にかけ大人の判断をしてしまう。だからこそ大のような一本気な生き方に惹かれるのだろう。中年のおじさんにとってはそういう生き方はもはやファンタジーだ(いい意味で)。

BLUE GIANT』を最新刊まで読んだ後、同じ作者の『岳』を読んだ。山岳遭難をテーマにした話だ。こちらも面白かった。山男の主人公 三歩が北アルプスの山岳地帯で遭難救助のボランティアをする。山を登るという行為は自己責任だ。高く険しい山があり、危険をかえりみずにのぼる。運がわるく遭難する人もいれば、あきらかな準備不足で遭難する人もいる。だが、なにがあっても三歩は遭難者を責めない。元気になったらまた来いという。山が好きで山を登る人も好きで、ただそのことを人生の軸として生きている。まっすぐなのだ。生き方が。収入がどうしたとか、結婚はどうするとか、そういったことは度外視だ。山登りはほとんどしたことがないが、よむと山にいきたくなる。そんな漫画だった。

統計学を勉強したくなった。

理系の科目が嫌いだった。数学・物理・化学などの科目だ。英語や歴史などと違い、どこかでつまづくとそれ以降がわからなくなる。わからないとストレスがたまり教科書や参考書から遠ざかる。いま思えば文系・理系といった不思議な区分があり、理系科目を勉強せずとも大学までは行けてしまっていた。当時は嫌いなものを勉強せずに済みラッキーなどと感じていた。感じていたが、いまは激しく後悔している。時間がたっぷりあった頃にちゃんと勉強しとけばよかったと。年を取り趣向が変わったのか経済や宇宙、コンピューターなどに興味がわく。若いころに読み漁った哲学書や文学書などは年に1冊読むかどうかだ。経済や科学などに関する本を理解しようとするとすぐに限界にぶつかる。なかには数式などを使わず、わかりやすく説明しようとしている本もある。あるが、そうしたものではさわりしかわからない。何冊読んでも表層をなぞっているような気がする。いまさらながら数学などの勉強の必要性を痛感している。

ずいぶん前から統計学について興味があった。あったが、ずっと重い腰があがらずそのままになっていた。資格の勉強もひと段落したため、最近になり真剣に取り組んでみようと思うようになった。思い立ったが吉日。取り急ぎ、よくわかる統計的な本を買って読んでみる。読んでみるが、全くわからない。Σや∫といった記号がそこかしこにでてくる。思っていたよりも10倍くらい難しく途方にくれる。もっと初心者向けの本をAmazonで探す。評判のよかった下記入門書を3冊読んでみた。いづれも数学が苦手な人向けの解説だ。

・完全独習 統計学入門 ダイヤモンド社

・意味がわかる統計学 ベレ出版

・はじめての統計学 日本経済新聞出版社

読んでみてよかった。統計が面白いと思えるところがいくつかあったからだ。興味がわく。データをまとめるだけでは退屈だ。集めたデータから結果を推測するところにその真髄がある点が伝わってきた。データを収集すると正規分布やt分布などいくつかの分布に収れんするというのも不思議だ。長い道のりになりそうだが、Σや∫を勉強して、まずは中級くらいの本に挑戦してみようかな。 

USCPAライセンスの取得を目指してみる

最後の科目REGの試験を受けてから7か月がたつ。全科目合格通知がきてから約4か月。仕事も忙しくなくのんびりとした時間が過ぎている。平和な日々が過ぎていく。

USCPAに合格した方のサイトで以下のpdfファイルがNASBAから公開されていることを最近知った。

https://media.nasba.org/files/2017/01/2014JurisdictionBookNASBAWebsite.pdf

全162ページからなる受験者の分析データだ。2014年度のものとなるが、かなり細かいデータが掲載されており興味深い。例えば2014年の日本人受験者数は1,799人で、平均年齢は36.2歳。合格率は32.8%とある。また2014年中に4科目合格を達成した人は325人のよう。毎年1,800人前後受験をしていると想定すると以外に4科目合格者の数が少ない気もする。
なんとなく気分がのらず放置していたがライセンスを取得しようと思いたった。予備校のサイトを参考にワシントン州を選ぶ。早速ワシントン州に問い合わせてみると以下の回答があった。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

To apply for your first Washington State CPA license as a Washington candidate, you will need to:
1. Pass the CPA exam.
2. Verify that you have met the good character requirements during your application process.
3. Verify that your experience is qualified and complete an Experience Affidavit (Fillable PDF).
   o The completed Experience Affidavit (PDF), and a copy of your resume or summary of duties, will need to be uploaded at the end of your application submission process.
4. Complete a course and an examination on materials covering all of the AICPA Code of Professional Conduct and obtain a score of 90% or better on the exam (8 hour minimum course length).
   o Verify that you completed the course listed above by uploading the PDF at the end of your application submission process.
5. Achieve and document a passing grade of 90% or better on a board delivered course covering the Washington State Public Accountancy Act, related Board Rules, and Board Policies.
   o Washington State Ethics & Regulations for CPA Applicants study guide (PDF).
   o Exam instructions.
   o Verify that you completed the course listed above by uploading the certificate of completion at the end of your application submission process.
6. Verify that if it has been more than four years since you passed the CPA exam, that you have completed the Continuing Professional Education (CPE).
7. Verify that you have reviewed an example of what your CPE reporting period will be for your first renewal.
8. Complete and submit the license application through our Online Services.
You may not use the title CPA until the date the approval of your license is posted in the Board's Licensee Search and, therefore, made publicly available for confirmation.

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1は完了。2は今のところよくわからない。3は職務経験のことなのだろうか。下記リンクをみるとシステム構築等のITコンサルティング経験も含まれるようにみえる。会計関連のシステムじゃないとだめなのか。

http://www.cpaboard.wa.gov/sites/default/files/ExperDef.pdf

4はAICPA Stroreから「Professional Ethics: The AICPA's Comprehensive Course」を購入した。$169もする。高い。紙の本と電子書籍を選べるが、受けてみた感じでは紙の本はいらない気がした。一回目の試験で90%を超え無事に終了した。テストにでた問題はすべてのテキストの巻末の確認テストと同じだった。

5はワシントン州独自の倫理試験。下記サイトを参考にワシントン州に連絡をする。

http://www.cpaboard.wa.gov/washington-state-ethics-regulations-cpa-applicants-course-instructions 

30問中27問に正解しないといけないよう。1回目は24問しかあわず不合格。2回目は27問ちょうどでぎりぎり合格した。試験時間は8時間あるが、長くても3時間くらいでできそうな分量だった。

6は該当せず。7は確認が必要。ライセンスをとるとCPEの義務が発生するのが面倒そうだ。8は一番最後だ。次はとりあえず3をクリアできるかどうかだな。

『未来の年表』を読んでみた。

一週間に6万歩歩くことを目標にしている。最初は1日に1万歩を目標としていた。していたが、1日に1万歩あるくのは難しかったため、1週間に6万歩とした。体調や気候、その日の気分などで歩く距離は変わる。1週間単位で目標を設定すると調整がしやすい。1週間に6万歩でも歩こうとするとそれなりに努力を要する。ちょっとした距離の移動は歩数を稼ぐために歩くようになった。普段歩かないところを歩くといろいろな発見がある。街に詳しくなる。それはそれで楽しい。ただ、いろいろな場所を歩くと階段や坂道などで息があがることが多くなったことに気が付く。加齢とともにじわじわと体力がなくなりつつあるのだろう。

未来の年表』という本をよんだ。現状の出生率をもとに今後50年で日本に起こるであろう事態を予測した本だ。これから生まれる子供の数は不明だが、すでに生まれている子供の数は確定している。そのため、今後、数十年の日本の人口の年齢構成はすでに確定しているといえる。その事実に基づいた予測であり議論として興味深い。

今後日本の人口はどんどん減っていく。総務省の統計によると、2060年には人口が8,600万人になると予測されている。ただ減るだけではない。高齢化も進み、65歳以上人口の割合が2015年は27%程度だったのが、2060年には40%程度になると予想されている。統計情報はないが、高齢化の定義を60歳以上にすると50%近くになるのではないか。高齢者が増えると、孤独死認知症、介護、医療、年金などの社会問題が深刻になる。アパートやマンションの1室で孤独死する人が増え、認知症の老人が街を徘徊する。介護施設は常に満員で入れなくなり、医者は不足し医療費は高騰する。受け取る人数のほうが多くなるわけだから年金はほとんどもらえなくなるだろう。全人口の半数近くを占めることになる高齢者は定年後も労働力として働かされることになる。

未来の年表には明るい要素が一つもない。一つもないが、現実を見据え早く手を打たないといけない。家族を持たない高齢者が増える以上、孤独死認知症は社会の仕組みとしてサポートする必要がある。介護についても介護施設の不足や労働者の不足は今から予見できるわけだから国レベルでの対策が必要あろう。医療についても高齢者に特化した病院を増やしたり、医師を増やす必要があるのでないか。定年という概念が事実上なくなるのであれば、年金の支給方法や会社での働き方についても大幅な見直しが必要となるだろう。いづれも莫大なお金がかかるわけだから、どう考えても増税は不可避だろうし、また増税するからには使途を明確にし納得感のある使い方が当然求められる。これから生まれる子供たちの負担を減らすためには、今のうちに社会をスリムにし、少子高齢化に耐えうるインフラを整備するしかないのだろうと思う。

一方で、本の中の未来の予測は現在の社会や産業構造を前提とした場合の予測でテクノロジーの進化などの影響が小さく見積もられているようにも感じた。現在、第四次産業革命ともいわれている。プライバシーの問題もあるが、一人暮らしの高齢者にはセンサーの設置やウェアラブルバイスの装着などを義務付ければ現状でも孤独死の数は大幅に減らせるだろうし、認知症についても今後医療が発展すれば直す方法や予防方法が見つかる可能性は大いにある。複雑な会話や動作が可能なロボットが普及すれば介護をする家族の負担を減らせるだろうし、人手不足も緩和するだろう。医療についてもAIをつかった診断やロボットによる治療の研究が進んでいると聞く。自動運転やドローンといった技術は現在の物流の在り方を根底から変えるだろう。20年前はまだインターネットを使っている人はほとんどいなかった。ほんの10年前は誰もスマホを使っていなかった。10年後、20年後の社会では今懸念されているようなことが問題ではなくなっている可能性も大いにあると思う。急速に進化するテクノロジーを使い、これから直面する問題をどうやって解決するかを考えることもこれから重要になるのだろう。

 

 

 

 

 

青春バイオレンス映画を見てみた。

Amazonは便利だ。何かを買うとき、まずAmazonをチェックする人は多いのではないか。本や日用品だけでなく、肉・魚・野菜などの生鮮食品もAmazonで手に入る。商品が届くのも早い。早ければその日のうちに届くこともある。三越伊勢丹マツモトキヨシの商品も取り扱うと聞いた。デパートや薬局でしか買えなかったものもAmazonで買えるようになるのだろう。自前で巨大な倉庫を建設し、クロネコヤマトや佐川急便のような自前の宅配システムを構築しつつあるAmazon。将来的には蜂の巣のようなドローン基地を都市部に建設し、超高速配達を目指しているという。最近、アメリカでAmazonによる高級スーパーの大型買収も話題になった。目的の一つは、スーパーマーケット自体をAmazonの生鮮食品の倉庫として手っ取り早く活用するためだといわれる。Amazonでパンとか牛乳とか買って、近所のスーパーやコンビニから配達される。日本でもそんな日がくるのだろうか。全世界の小売業界は間もなくAmazonに掌握されてしまうのかもしれない。このまま物を売る仕組みを掌握されれてしまうと、あとに残される仕事は下請け仕事だけだ。便利にはなったが日本人全体にとってはいいことなのだろうか。

前置きが長くなった。Amazonプライムで映画をみた。『ディストラクション・ベイビーズ』という映画だ。新世代青春バイオレンス映画という表現がしっくりくる。愛媛県の松山が舞台で若者が通行人にひたすら殴りかかる映画だ。音楽などは最初と最後くらいしか流れず、ひたすらベチとかバチという鈍い音をだしながら生々しい殴りあいが繰り返される。そのような暴力を働く理由や背景は一切説明されない。刹那的で突発的な暴力があるだけだ。

通常、突然知らない人を殴ったり、物を盗んだりといったことを人はしない。なぜしないのか。それは文化的・社会的に禁止されているからだ。なぜ禁止されているのだろうか。一つの仮説として、そういった行為が人間の原始的な欲求であり、禁止をしないとそこら中で殴り合いや盗みが横行してしまうというのが考えられる。だからこそ強い禁忌となっているのだろう。

映画の中では暴力をふるう理由や背景などは説明されない。暴力が人間の原始的な欲求であるのならば、そうした説明は不要なのだろう。ありのままの暴力が描かれる。そしてそのこと自体が人間の理性や思考をこえた欲求をみたす働きをする。『ディストラクション・ベイビーズ』をみてそんなことを考えた。

ひたすら理不尽な暴力が続くので人によっては不愉快に感じる人もいるだろう。またバイオレンス映画が苦手な人はみないほうがいいだろう。

ならず者が活躍する映画をみてみた。

我ながら地味な人生だと思う。典型的なサラリーマンだ。ギラギラした欲望や夢があるわけでもなく、大禍なく過ごすことを第一の信条にしている。そのためなのか昔からならず者が活躍する映画が好きだ。『ゴッドファーザー』や『グッドフェローズ』も好きだったし、HuluやNetflixを観るようになってからはアメリカのドラマ、『ソプラノズ』(マフィアのボスが家族や組織の問題で悩み精神科に通う話)や『ブレーキング・バッド』(まじめな高校の化学教師が覚せい剤を密造して教え子と売るけどうまくいかない話)などもよくみた。

自分でも何故かと思うほど現実世界では絶対に友達になれないだろう人たちが活躍する作品がすきだ。自分にないものを持つ人たちを無意識のうちに魅力的に感じているのかもしれない。現実世界で、ならず者の人たちは逆に平凡な人生を描いた作品に興味をもったりするのだろうか。

Netflixで『凶気の桜』、『ポルノスター』、『ナイン・ソウルズ』を立て続けにみた。『凶気の桜』は、変わっていく世の中に対する苛立ちを不良少年狩りという形で発散する歪んだ思想の若者とその仲間たちが、悪い大人たちに騙され自滅していく話だ。『ポルノスター』と『ナイン・ソウルズ』は私の好きな豊田利晃監督の作品で、どちらも真正の悪党たちが、自分たちの理屈で悩んだり喧嘩をしたりしながら破滅に向かって突き進むダークな青春ドラマだ。

どの作品も殴り合ったら友達みたいな要素はなく、ひたすら陰鬱で自らが抱える問題をそれぞれが破滅するような方法で解決しようとする。言葉にすると月並みだ。月並みだが、実際には夢中になって映画をみた。こうした映画をみると人間には生来の暴力や破滅への衝動があるのかもしれない、と思うことがある。暴力や破滅とは対極にあるようにみえる普通のサラリーマンの心も打つのだから。