読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老後について考えてみた

暇そうに新聞をよみ、毎日定時に帰宅している年配の先輩方をみていると、ときどきそういえば定年って何歳だったっけなどという疑問が頭をよぎることがある。先日、時間があったので入社したときに渡されて以来一度も目を通していなかった就業規則なるものに目を通してみた。そこには60歳で定年になると書いてあった。冷静に考えてみるともうすぐ40歳になるということは、会社がいままでどおり存続しているという前提で定年まで残り20年弱か。うーん、このままここに20年いて、60歳になって組織の外に放り出されたらいったいどうなるのだろう。生きていけるのだろうか。平均寿命が80歳とかいっている昨今、60歳で無職になったあとも20年近く(しかも体が弱った状態で)、サバイブしなければいけないわけで、それは結構大変なことなのではなないか。60歳になっても働いていけるような何かを今のうちから身に着けていかなければ結構厳しいのではないかなどと、つらつらと考えているとあっという間に夜中になり、今日も非生産的な一日だったなどと後悔をしていたら、以下のような記事をインターネットでみつけた。

悲惨な老後(老後破産)から抜け出そう

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/sj/15/150237/041600010/?P=1

高齢者世帯の4割が老後破産状態にあるという内容で、定年時にある程度貯蓄がある人たちでも老後破産になる危険性があるとのこと。医療費や子供の借金など想定外の出費がかさなり、徐々に破産状態になってしまうよう。我々の世代が高齢者になったときは全人口の4割とか5割とかが老人になるといわれているわけで、現状でこのような状態ということは、将来的にはもっとひどくなるのではないだろうか。オリンピックがおわったあたりから急速に世の中が暗くなっていきそうだなあ。