読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Musicを使ってみて

Music Unlimitedがサービスを停止して以来ずっと音楽のない生活が続いていた。通勤時間や昼休み時間に音楽を聴きながら本を読むというサイクルが定着していたのだが、急に音楽だけがなくなった。しばらくは苦痛だったが2~3か月もすればなれてしまい、ここ最近は音楽のない生活を送っていた。そしてそのことに疑問も感じなくなっていた。

そうした中、Line MusicやApple Musicといった音楽定額配信サービスが立て続けに発表された。とりあえずApple Musicを使ってみる。いくつかアーティスト名や曲名を検索し、昔よくきいていたアーティストのアルバムを再生するとイヤフォンやスピーカー(BluetoothiPhoneを接続)から心地よい音や懐かしい音が流れてくる。このときの感覚をどのように表現していいかわからないが、例えるならば白と黒のモノクロの世界が急にフルカラーの正解になったような感覚だろうか。しばらく使っていなかった感性や感覚が刺激され心の中がどんどんと研ぎ澄まされていく。

こういう人生にインパクトのあるITサービスがどんどん増えてきた。実生活を根底から変えてしまう可能性のあるガジェットやアプリが今後もたくさんでてくるのだろう。余談だがApple Musicを利用するようになってAppleWachが大活躍するようになった。家でiPhoneをスピーカーにつないで音楽を再生しているときや電車の中で、都度、iPhoneを取り出してボリューム調整や曲送りをしないでいいからだ。Apple Watchでそれらの操作が手元でできる。