コマンドプロンプトのフォントに「MSゴシック」がない

昨日は多摩川大会にいってきた。二子玉川の河川敷に観覧席があり、打ち上げあげられた6000発の花火をビールを片手に間近でみることができた。夏の花火は風情があったいいなあ。

Azureで仮想マシン(Windows10)を作成し、コマンドプロンプトからアプリを実行しようとした。そうしたところ、アプリ配置場所の日本語のフォルダ名が文字化けしてしまっていた。よくみるとMSゴシックも選択できない。chcp 932などを実行してもInvalidなんとかと表示される。

そうしたところ下記解説を発見。

http://wavetalker.blog134.fc2.com/blog-entry-83.html

Azureの仮想マシのコマンドプロンプトはシステムロケールを参照するため、コマンドプロンプトで日本語を使おうとすると、システムロケールの設定変更が必要のよう。

1.[コントロールパネル]→[時計、言語、及び地域]→[地域]を選択してダイアログを開いて[管理]タブを選択。
2.[管理]タブにて「システムロケールの変更」をクリックして「現在のシステムロケール」のプルダウンから「日本語」を選択