読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAを受けてみて その②

ここのところ休日が長く感じられる。USCPAの勉強をしていたころは常に焦燥感があり、ゆっくりできるはずの週末も落ち着いた気分になることが少なかった。今は好きなだけ好きな本を読み、Netflixを見たりして過ごしている。ここ2~3年、電車にのっているときは、いつもテキストを読んだり問題を解いたりしていた。今はぼんやりと電車の窓から外をながめ、移り行く景色を楽しんだりしている。

CPA Examination ServicesよりCongraturatory Letterと呼ばれる正式な合格通知が木曜日に届いた。最後の科目の試験が1月上旬だったから試験完了から合格通知の受領まで約3か月もかかった。スコアレポートだけだとなんとなく終わった感じがしなかったが、合格通知がくると安心する。本当に終わったのだと。

改めて総括してみるととてもユニークな試験だった。全部コンピュータ受験だったり、一人一人に違う問題がでたり、難易度が変化したりだ。一番やっかいだったのが、テストを受けている最中にそれまでの正答率でコンピュータ側が問題の難易度を調整している点だ。手ごたえがあったときほど点数が悪く、出来が悪いと感じたときは高得点だったりするので試験が終わっても結果がでるまで、もやもやが消えない。

あとUSCPAは客観的な指標で難易度を設定することが困難なテストだ。よく難易度の話がでてくるが、結論としては難易度は受験する人によるとしか言えないだろう。その人のバックグラウンドによって通常の試験よりも極端に難易度の感じ方が変わるように思う。予備校などのサイトでUSCPAについて調べるとよく以下のような記述が目につく。

①1,000時間、一日2~3時間の勉強を1年~1年半で合格可能

②問題が素直でやさしい

③難しい英語は使われない

④合格率は40~50%

どれも嘘ではないが誰にでもあてはまるわけではないという点でこういう商売の巧妙さを感じた。いずれも前提条件がおそらく意図的に取り除かれている。より正確に伝えようとすると以下のようになるだろう。

①(TOEICほぼ満点、ものすごく地頭がいい、高度な会計・ビジネスの知識がすでにある場合)1,000時間、一日2~3時間の勉強を1年~1年半で合格可能

②(膨大な量があるけれども)問題が素直でやさしい

③(非常にわかりずらい言い回しが多いが)難しい英語は使われない

④(大学/大学院で会計を専攻しており、英語Nativeのアメリカ人の)合格率は40~50%

①については、会計・ビジネス知識はなかったもののTOEIC900点以上で簿記2級も取得していたが、勉強を開始してみるととても1,000時間で終わるようなものではないことがすぐにわかった。日本人でこの試験を1,000時間で合格する層は一定数はいるのだろうがおそらくマジョリティではないだろう。

②については、たしかに難問奇問はでない。簿記2級なんかと比べても問題自体はそれほど難しくはない。ただ試験範囲が広範にわたり量が非常に多い。1科目の問題集が1000~2000問もあったりする。問題集を1周やっただけでは通常の受験生はまず受からないだろうから、何周かすることになる。そうすると1科目につき、予備校の講義をうけてテキストを読み込んだあと、数千問の問題を解くことになるわけで作業ボリュームとしては非常におおい。USCPAに関しては1問1問の問題が難しいかどうかといった尺度でみてもあまり意味がないような気がする。

③については、文学や哲学のような難解な言い回しの英語は確かにでない。たしかにでないが、平易な表現だからわかりやすいかというとそうでもなかったりする。特にAuditやRegulationのBusiness Lawは計算問題はいっさいでず、各選択肢の微妙なニュアンスの違いから正解を選択しなければならない。試験は大学または大学院をでたNativeのアメリカ人を想定して作成されている。それらのアメリカ人が微妙だと思うようなニュアンスで書かれた英文を非Nativeの日本人が解読する必要があるわけだから、英文自体は平易かもしれないが簡単かどうかといわれると首をかしげざるを得ない。

④についても確かに嘘は言っていない。AICPAの資料でもUSCPAの受験者の各科目の合格率は約50%だ。2人に1人は受かる試験というとすごく簡単なテストのような気がしてくる。してくるが、実際に受けてみてそれほど能天気なテストではないことは身に染みてわかった。試験を受ける条件として多くの州が150以上の単位と一定数の会計・ビジネス単位を要求している。それはとどのつまり、試験自体がある一定の専門知識をもった層を対象にしていて、英語がNative並の大学院レベルの知識をもったアメリカ人を対象としているということではないだろうか。しかも一回の試験が2~3万円するわけで、冷やかしでうける人たちもいないだろう。こうして考えると、ある程度事前に準備をして試験に望んだ、会計・ビジネスの教育を大学で受けていたアメリカ人が受けても半分しか受からないともいえる。日本人が受ける場合、50%の合格というのはあまりあてにならない気がする。

いろいろ書いたが重箱の隅をつつくような問題はでず、コツコツやれば誰でもいつかは受かるとてもフェアな試験だと思う。ただ日本においては実際以上に合格までに必要な努力の量が低く見積もられていて、勉強開始後に悩む人が多いのではないかと思う。ものすごく難しい試験ということはないが、1~2年ちょろっと勉強して受かるようなものでもない。しかも人によって難易度の感じ方に大きな差があるだろう。不思議なテストだったというのが終わってみた感想だ。