青春バイオレンス映画を見てみた。

Amazonは便利だ。何かを買うとき、まずAmazonをチェックする人は多いのではないか。本や日用品だけでなく、肉・魚・野菜などの生鮮食品もAmazonで手に入る。商品が届くのも早い。早ければその日のうちに届くこともある。三越伊勢丹マツモトキヨシの商品も取り扱うと聞いた。デパートや薬局でしか買えなかったものもAmazonで買えるようになるのだろう。自前で巨大な倉庫を建設し、クロネコヤマトや佐川急便のような自前の宅配システムを構築しつつあるAmazon。将来的には蜂の巣のようなドローン基地を都市部に建設し、超高速配達を目指しているという。最近、アメリカでAmazonによる高級スーパーの大型買収も話題になった。目的の一つは、スーパーマーケット自体をAmazonの生鮮食品の倉庫として手っ取り早く活用するためだといわれる。Amazonでパンとか牛乳とか買って、近所のスーパーやコンビニから配達される。日本でもそんな日がくるのだろうか。全世界の小売業界は間もなくAmazonに掌握されてしまうのかもしれない。このまま物を売る仕組みを掌握されれてしまうと、あとに残される仕事は下請け仕事だけだ。便利にはなったが日本人全体にとってはいいことなのだろうか。

前置きが長くなった。Amazonプライムで映画をみた。『ディストラクション・ベイビーズ』という映画だ。新世代青春バイオレンス映画という表現がしっくりくる。愛媛県の松山が舞台で若者が通行人にひたすら殴りかかる映画だ。音楽などは最初と最後くらいしか流れず、ひたすらベチとかバチという鈍い音をだしながら生々しい殴りあいが繰り返される。そのような暴力を働く理由や背景は一切説明されない。刹那的で突発的な暴力があるだけだ。

通常、突然知らない人を殴ったり、物を盗んだりといったことを人はしない。なぜしないのか。それは文化的・社会的に禁止されているからだ。なぜ禁止されているのだろうか。一つの仮説として、そういった行為が人間の原始的な欲求であり、禁止をしないとそこら中で殴り合いや盗みが横行してしまうというのが考えられる。だからこそ強い禁忌となっているのだろう。

映画の中では暴力をふるう理由や背景などは説明されない。暴力が人間の原始的な欲求であるのならば、そうした説明は不要なのだろう。ありのままの暴力が描かれる。そしてそのこと自体が人間の理性や思考をこえた欲求をみたす働きをする。『ディストラクション・ベイビーズ』をみてそんなことを考えた。

ひたすら理不尽な暴力が続くので人によっては不愉快に感じる人もいるだろう。またバイオレンス映画が苦手な人はみないほうがいいだろう。